『Sky』は17日、「パリ・サンジェルマンが元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンの獲得に向かっている」と報じた。

今季限りでユヴェントスを離れることを宣言したブッフォン。しかし現役を引退するとは明言しなかった。

現在彼の獲得に関心を抱いているのはアトレティコ・マドリー、リヴァプールらだという。

しかし、ブッフォンは最後の舞台としてフランスの強豪パリ・サンジェルマンからのオファーに誘惑されているとのことだ。

パリ・サンジェルマン側はチームにリーダーシップと経験を加えたいと考えており、ブッフォンに2年契約を提示したという。

チャンピオンズリーグ優勝を狙うパリ・サンジェルマンであるが、この数年は不本意な成績に終わっている。

ブッフォンも自身に欠けているタイトルはチャンピオンズリーグ優勝であると話しており、両者の目標は一致しているともいえる。