『Tuttosport』など各メディアは、「ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、自分はブッフォンのことを責められないと話した」と報じた。

先日のチャンピオンズリーグで審判のマイケル・オリヴァーに詰めより、抗議によって退場処分を受けたユヴェントスのGKブッフォン。

その後も彼は審判の判定に対して不満を述べており、悔しさをあらわにするコメントを残している。

かつて彼とイタリア代表でともに戦ったガットゥーゾ監督は以下のように話し、自分のほうが余程悪いことをしたとかたったという。

ジェンナーロ・ガットゥーゾ

「私は、他の人の反応について率直に話すことができる最後の人間だ。

あれより悪いことを私はやったよ。頭に血が上ったら、何をするか誰もわからん。

私はもう少しでジョー・ジョーダンに頭突きするところだった(トッテナム戦で相手のコーチを突き飛ばした)んだ。
ジェンナーロ・ガットゥーゾ トッテナム
レオナルドを侮辱するためにスタンドに入って歌ったこともある。ブッフォンについて話せるような男じゃないな。