ついにヴィッセル神戸への移籍が決まったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ。

バルセロナの現役キャプテンのJリーグ入りは、まさに衝撃的だ。そんな彼の年俸は破格の30億円超とも言われている。

では、イニエスタの現在の市場価値は一体いくらなのか。『Transfermarkt』で調べてみた。

それによれば、イニエスタの市場価値は「2000万ユーロ(25.6億円)」とのこと。

高年齢になるほど評価額が低くなる傾向にあるなか、34歳にしてこの金額なのはさすが。

ちなみに、これまでの評価額の推移はこのような感じ。

イニエスタの市場価値の推移

最も高かったのは2012~2013年頃で、7000万ユーロ(89億円)という額だった。

なお、イニエスタの2000万ユーロというのは、現バルサのなかで14番目の評価額。

No.1はリオネル・メッシの1.8億ユーロ(230億円)。最も低いのは、DFトーマス・ヴェルマーレンの500万ユーロ(6.4億円)だった。