開幕が間近に迫ってきたFIFAワールドカップ。優勝候補のブラジル代表は先日、23人の本大会メンバーを発表した。

そんななか、『UOL Esporte』では、非公開となっている12人のリザーブメンバーたちについて報じた。それによれば、このような顔触れとされている。

GK:

ネト(バレンシア)

DF:

ラフィーニャ(バイエルン・ミュンヘン)

アレックス・サンドロ(ユヴェントス)

デデ(クルゼイロ)

ホドリゴ・カイオ(サンパウロ)

MF:

マイコン(グレミオ)

アルトゥール(グレミオ)

ジュリアーノ(フェネルバフチェ)

ドゥドゥ(パウメイラス)

ルーカス・パケタ(フラメンゴ)

ホドリギーニョ(コリンチャンス)

FW:

ルアン(グレミオ)

なお、ブラジル1部リーグはまだ中断しておらず、来月14日までリーグ戦が行われる。そのために、事前に判明していた選手たちもいたようだ。