独創的なコマーシャルを次々と世に送り出している日清食品。

このほど公開された動画で、日本サッカー界の“超名場面”が再現された。

こ、これは日本代表FW大迫勇也の代名詞「大迫ハンパない」誕生の瞬間!

2008年度に行われた第87回全国高等学校サッカー選手権大会の準々決勝で、エース大迫を擁する鹿児島城西は兵庫の滝川第二を6-2で撃破。試合後、滝川第二の主将・中西隆裕さんがロッカールームで発した「大迫半端ないって」という言葉はネットを中心に爆発的に広がった。

現在では大迫の代名詞的な存在となっているが、そんな“伝説”が誕生した瞬間を今回、日清は女子テニス・大坂なおみの苗字である“大坂”と“大迫”をかけ、外国人の出演者で再現したというわけだ。

中西さんに扮した女性の表情はもちろん、栫裕保監督(当時)の言葉まで再現した手の込みよう。大迫も大坂もハンパないが、カップヌードルのCMでこれをやっちゃう日清が一番ハンパないかもしれない。

なお、対価として中西さんにカップヌードル1年分が送られているかどうかは定かではない。