ワールドカップ出場を逃したアメリカ代表。ボリビアとの親善試合には、平均年齢22歳160日と非常に若いスターティングイレブンで挑んだ。

ペンシルベニア州での試合は3-0でアメリカが勝利。3点目を決めたのは、あのジョージ・ウェアの息子であるティモシーだった。

PSGに所属するティモシーは2000年生まれの18歳。これでアメリカ代表史上4番目に若い得点記録を樹立した。

試合後には「僕らはファンたちに印象を与えたかった。心を込めてプレーしたかった」と述べていたそう。

この後、アメリカはアイルランド、フランスと親善試合を行う。