ワールドカップで日本と戦うポーランド代表。だが、大会直前にアクシデントに見舞われた。

主軸DFカミル・グリクが練習中に肩を負傷。手術は避けられないとして、W杯出場は絶望的と伝えられたのだ。

モナコでプレーするCBグリクはW杯予選9試合に出場するなど、ポーランドのDFラインにおける主軸。いるといないとでは大違いのはず…。

ただ、まだW杯の登録からは外れておらず、このほど本人もSNS上で復帰の可能性に言及した。

いい感じであり、火曜日にはチームに戻りたい、とのこと。どうやら明日医師の再診察を受けるようだ。

『Onet Sport』では、「グリクについての朗報」としてこのニュースを伝えている。果たして、どういった結論になるのだろうか…。