ワールドカップへの出場も噂されていたズラタン・イブラヒモヴィッチだが、結局それは叶わず。

今大会は『beIN SPORTS』で解説者を務めることになった。そのイブラは現フランス代表についてこう言及したそう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「俺からすれば、(カリム・)ベンゼマが代表にいないのは普通じゃないね。

彼は世界最高のひとりであり、チャンピオンズリーグも勝ち取った。

彼はマドリーでプレーしているんだ。それに、彼がこのチームにいないのは、フットボールとは関係ない(理由による)ものだ」

「もし監督が彼はこのチームにとって十分じゃないという決断をしたなら、その監督はそこにいるべきじゃない。

だが、ベンゼマは(フランス代表に)いるべきだ。それは非常に簡単(に分かるよう)なことだ」

「彼がいないのは、ひどくバカげているね。

もし勝ちたいならば勝者が必要だからさ。ベンゼマは勝者だ」

ベンゼマは2015年に発覚したマテュー・ヴァルブエナのセックステープ脅迫事件にからみ、代表から追放状態にある。

なお、フランス代表はワールドカップ初戦でオーストラリアに2-1で勝利。第2戦ではペルーと対戦する。