先日発表された、ワールドカップに向けたフランス代表メンバー。そこにレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマの名前はなかった。

ディディエ・デシャン氏は、マテュー・ヴァルブエナとのセックス・テープ事件以降ベンゼマを一度も招集していない。

すでにその期間は3年に達しており、連盟の招集自粛期間が終わってからも続いている。

しかし、ベンゼマはクラブチームでは代表に値するプレーを見せており、先日のチャンピオンズリーグ決勝でもチームを優勝に導いた。

それに対し、バイエルンの元フランス代表FWフランク・リベリは以下のようにツイートした。

「我々はほぼ3年間続くレッドカードを突きつけているが、その間に兄弟のKB9はチャンピオンズリーグで満たされている」

KB9はもちろん、カリム・ベンゼマのイニシャルと背番号だ。

リベリはベンゼマと仲がいいことで知られており、チャンピオンズリーグで結果を残しながら招集されていない選択を批判した形だ。