『Morgunbladid』は20日、「アイスランド郵便局は、22日の営業を午後2時半で終了する」と報じた。

14日から行われているワールドカップに同国史上初の出場を果たしたアイスランド。

初戦となったアルゼンチンとの試合は、GKハルドウルソンがリオネル・メッシのPKを防ぐなどして1-1の引き分けに持ち込み、初の勝点を奪うことに成功した。

この試合はアイスランド国内で視聴者占有率99.6%を記録するなど驚異的な注目を集めたという。

そしてアイスランドは22日にナイジェリアとのグループステージ第2節を戦うことになっている。

そのキックオフは現地時間午後3時。郵便局はスタッフが試合を見られるよう午後2時半でオフィスを閉鎖することを決めたというのだ。

そして、他の多くの企業もこれと同じような決断をするであろうとも…。

アイスランドの人々がどれだけサッカーを愛しているか、それを応援したいと思っているかが伝わるニュースである。