初のワールドカップを戦っているアイスランド代表。

アルゼンチンとの初戦では苦闘が予想されたものの、1-1の引き分けに持ち込み、歴史的な勝点1を手にした。

アイスランド国営放送『RÚV』によれば、この試合の瞬間最高占拠率は99.6%という驚異の数値を叩き出していたそう!

なお、アイスランドサッカー協会では、アイスランド全人口の99.6%がこの試合を見ていた!と伝えているが、実際には終了間際の視聴占拠率(シェア)が99.6%を記録していたという。

試合の平均視聴率は60%でこれは同国のスポーツイベントにおける最高記録だそう。これまでの記録は、EURO2016でのアイスランド対イングランド戦の58.8%。

アイスランドは第2戦でナイジェリアと対戦する。