『BBC』は30日、「クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、クラブと代表での相棒について語った」と報じた。

バルセロナに所属しているラキティッチは、クラブでアンドレス・イニエスタと、代表でルカ・モドリッチとともにプレーしている。

その二人について聞かれた彼は以下のように話し、彼らはもはや異星人であると語ったという。

イヴァン・ラキティッチ

「モドリッチとイニエスタ、どちらもあのポジションでは歴代最高クラスの選手だよ。

彼らはもはや他の惑星から来た選手のように見えるね。人間と一緒にサッカーをするために来た異星人だ。

アンドレス(イニエスタ)とバルセロナで4年間、ルカ(モドリッチ)と代表で11年間プレーできているのは、大きな名誉だよ。

もし僕がサッカーのチームを作るなら、彼らは両方共入れるね。アンドレスは最高の友人だ。そしてルカは最高の兄弟だ」

(プロシネツキは「モドリッチは歴代最高のボランチだ」と言っていた)

「完全に同意するね。ルカは最高の選手というだけではない。素晴らしい人間であり、素晴らしいリーダーであり、付いていきたい男なんだ」