『Sportske Novosti』は22日、「レアル・マドリーのMFルカ・モドリッチが、週末のクラシコについて話した」と報じた。

今週末の試合で最も注目されるであろうエル・クラシコ。ジダン監督率いるレアル・マドリーは首位を守るために負けられず、ルイス・エンリケ監督最後のダービーとなるバルサももう後がない。

そして、クロアチアでは代表で同僚であるルカ・モドリッチとイヴァン・ラキティッチの直接対決という点でも大きな話題になっている。

友人と対峙するモドリッチはインタビューに対して以下のように話し、彼とはまだ何も会話していないと明かした。

ルカ・モドリッチ

「ラキティッチとは話していないよ。我々は皆落ち着いて試合への準備を進めているんだ。

試合後には、我々はハグをして話すだろうね。うまくいけば、僕は彼を慰めなければならないだろう!」

(家族や友人もクラシコを見たいと言っている?)

「そうだね。ただエル・クラシコではなかなかチケットを取ることができないんだ。誰もがこの試合を見たいと思っているからね」

(ネイマールがいないことについては?)

「バルセロナがネイマール抜きで戦うことになれば大きな障害ではあるだろうね。

しかし、我々は我々自身を見なければならないよ。リーガのタイトルは唯一無二の存在だ。僕はレアルでそれを掲げたことがない。

時は来た。そう信じている」