今ワールドカップでは新たなフェアプレールールが物議を醸している。

グループHでは、日本とセネガルが勝点と得失点差、得点数で並んだ。その結果、カード数によってセネガルの敗退が決まった。

『BBC』によれば、FSF(セネガルサッカー連盟)はFIFAに対してこのルールを見直すように求めたという。

FSF

「今後、FIFAはあのようなプレーをするチーム(日本代表?)に対してペナルティを科すべきだ。

FIFAは新たなシステムを採用したが、このフェアプレールールは全ての問題を解決するのか?

試合後、日本にもポーランドにも何も起きなかった(何も処分がなかった?)。

あのような姿勢の選手、監督、チームについてはどうにかしてペナルティを科すべきだ」

FSFは今W杯での復活を求めてはいないものの、金曜日にFIFAへ2つのレターを送ったとのこと。

FSF

「セネガル戦でコロンビアがゴールしたことを知った日本は文字通りプレーするのを拒否したと我が連盟は信じている。

プレー拒否は(その時の)日本には理に適っていたが、フットボール界の指導原理には反している。

日本の監督がこの事実を否定しなかったことに、我が連盟はいっそうショックを受けた。

試合後の記者会見で、1-0のスコアを維持する決断を下したことを認めたのだ。

セネガルサッカー連盟は日本チームが示したフェアプレーの欠如を遺憾に思う。

フェアプレーを欠いているチームがいかなるペナルティも憂慮しなくていいのならば、カード数での順位づけはその意味とおもしろさを失っている。

このことについてFIFAへの異議を申し立てる」