ロシア・ワールドカップも残すところ4試合となり、佳境を迎えている。

ここでは、『sportskeeda』による「今大会でブレイクした5人のスター」を見てみよう。

アンテ・レビッチ(クロアチア代表FW)

アンテ・レビッチ

彼は2度目のワールドカップ出場となるが、4年前よりもはるかに大会をエンジョイしているのは間違いない。

スピード豊かなウィンガーは、クロアチアが失意に終わったブラジル大会ではわずか44分しかプレーせず。しかも、メキシコ戦では途中出場から退場に…。

だが、ズラトコ・ダリッチ監督によって代表に呼び戻されると、今大会で眩いばかりの輝きを放っている。サイドでの素晴らしいワークレート、情熱、スムースな決断力。

アルゼンチン戦ではGKウィリー・カバジェロの仰天ミスもあったが、あのアクロバティックボレー弾がチームを3-0の快勝に導いた。

クロアチアの勝ち上がりにおいて決定的な存在になるだろう。