国際サッカー連盟(FIFA)は7月13日、2022年に行われるFIFAワールドカップ・カタール大会の開催日程を発表した。

カタールの気候を考慮し、11月開幕、12月18日(日)に決勝の“冬開催”となることがすでに決まっていた同大会。

その開幕日が今回、11月21日(月)に決まったことが正式に発表された。

開催期間はロシア大会の32日間より4日も短い28日間。日本とカタールの時差はロシア大会と同じ6時間となっている。

なおカタールワールドカップに関しては、一大会前倒しで参加チームを32チームから48チームへ増やすことが検討されているが、こちらについての発表は今回なし。

ジャンニ・インファンティーノ会長らを中心に引き続き可能性を探っていくとみられる。