『Sampdorianews』は12日、「ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの代理人は、多くのクラブからのオファーを断ったと明かした」と報じた。

先日サンプドリアからアーセナルに移籍することが決定したルーカス・トレイラ。ウルグアイ代表でも中心的なボランチとなった小柄なMFは、プレミアリーグを活躍の場に選んだ。

代理人のパブロ・ベンタンクール氏は以下のように話し、ドルトムントやナポリのオファーを断ったんだと明かした。

パブロ・ベンタンクール

「ルーカス・トレイラには、ボルシア・ドルトムント、ナポリ、そしてスペインのチームからもオファーがあった。

しかし、すでにアーセナルとは口頭での合意があった。クラブレベルでは全てが終了していたんだ。

私は確信していた。アーセナルはルーカスが成長を続けるにあたって理想的なチームであると」

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など