ワールドカップで3位となったベルギー代表。圧巻のパフォーマンスを見せ続けた守護神ティボー・クルトワは、最優秀ゴールキーパー賞『Golden Glove』を受賞した。

『Le Soir』によれば、彼はフランスが優勝した決勝戦についてこう述べたという。

ティボー・クルトワ(ベルギー代表GK)

「決勝は見たよ。でも、94分にテレビを消した。

フランスが勝利を祝うのを見たくなかったからね」

「友達から『Golden Glove』が自分だって聞かされて、テレビをつけ直したんだよ!

(受賞は)信じられないくらい名誉なことだ。チームを助けるために多くのセーブをしたことは嬉しい。

でも、それが最も大事なことではなかった。僕は出来る限り勝ち進みたかったんだ」

ベルギーは準決勝でフランス相手に0-1で敗戦。クルトワはフランスの戦い方を批判した後、謝罪したはずだったのだが…。