ワールドカップ3位決定戦でイングランドを撃破して大会を終えたベルギー代表。

『Sporza』によれば、守護神ティボー・クルトワはこう大会を総括していたという。

ティボー・クルトワ(ベルギー代表GK)

「自分がプレーしたこの大会について、非常に満足しているよ。

僕はブラジルとフランスに力強く立ち向かい、日本戦では決定的なカウンターアタックの起点になった。

パナマとイングランド戦でも、自分は重要なボールをキャッチした。

チュニジア戦ではやることが少なかったね」