サガン鳥栖への移籍が発表となったフェルナンド・トーレス。ヴィッセル神戸に加入したアンドレス・イニエスタとともに、大物スペイン人選手のJリーグ入りは国内外で大きな注目を集めている。

アトレティコ・マドリーでデビューしたトーレスは、その後リヴァプール、チェルシー、ACミラン、そして再びアトレティコ・マドリーと16年間で4度の移籍を経て、日本にやって来た。

ここでは、これまでのトーレスの歴史と身にまとってきた数々のユニフォームを簡単に振り返ってみたい。今回はチェルシー時代からアトレティコ復帰までをお届けする。

チェルシー 2010-11シーズン

フェルナンド・トーレス チェルシー 2010-11シーズン

2010-11シーズンの後半はブルーのユニフォームを着たトーレス。チェルシーでのデビュー戦の相手は、いきなり古巣のリヴァプールだった。この試合にスタメン出場するもノーゴールで66分に退いている。移籍最初のシーズンはリーグ14試合で1得点に終わった。

フェルナンド・トーレス チェルシー 2010-11シーズン

ホームキットは首周りにあしらったレッドの差し色が印象に残るデザイン。2009-10シーズンはリーグ優勝したため、袖のリーグパッチはゴールドのチャンピオンパッチを装着している。

フェルナンド・トーレス チェルシー 2010-11シーズン

アウェイはブラックを基調にオレンジを配し、シャドーのストライプというデザイン。チェルシーとしては斬新なカラーリングだった。

フェルナンド・トーレス チェルシー 2010-11シーズン

決して出番は多くなかったサードキットはグリーンを基調に、中央にはブラックとブルーの縦ライン。エンブレムもシャツに合わせてカラーチェンジしている。