サガン鳥栖への移籍が発表となったフェルナンド・トーレス。ヴィッセル神戸に加入したアンドレス・イニエスタとともに、大物スペイン人選手のJリーグ入りは国内外で大きな注目を集めている。

アトレティコ・マドリーでデビューしたトーレスは、その後リヴァプール、チェルシー、ACミラン、そして再びアトレティコ・マドリーと16年間で4度の移籍を経て、日本にやって来た。

ここでは、これまでのトーレスの歴史と身にまとってきた数々のユニフォームを簡単に振り返ってみたい。今回はリヴァプール時代までをお届けする。

アトレティコ・マドリー 2002-03シーズン

フェルナンド・トーレス アトレティコ・マドリー 2002-03シーズン

アトレティコが3季ぶりに1部へ復帰したシーズン。2000-01シーズンにトップチームデビューを果たしたトーレスにとっては初の1部リーグだったが、この18歳のアタッカーはいきなり13得点と大活躍した。

フェルナンド・トーレス アトレティコ・マドリー 2002-03シーズン

細めのストライプが特徴ある2002-03ホームキット。当時のNikeのテンプレートとは一線を画すデザインが採用されていた。

フェルナンド・トーレス アトレティコ・マドリー 2002-03シーズン

基本的にパンツはブルーを着用したが、チェンジ用でレッドも使われている。

フェルナンド・トーレス アトレティコ・マドリー 2002-03シーズン

アウェイキットのシャツはネイビーを基調。デザインは当時のNikeのテンプレートそのものだ。