武藤嘉紀が移籍したニューカッスルを率いるスペイン人のラファエル・べニテス監督。

彼はこれまでバレンシア、リヴァプール、インテル、チェルシー、ナポリ、レアル・マドリーなどを指揮してきた。

ここでは、『Telegraph』による「リヴァプール時代のベニテスの最悪の補強ワースト5」を見てみよう。

ワースト1:ロビー・キーン(アイルランド人FW)

ロビー・キーン

ベニテスはギャレス・バリーを獲得を狙っていたが失敗。その後、1900万ポンドでキーン獲得にこぎ着けた。

だが、アンフィールドでのアンハッピーな期間で、彼は28試合7ゴールに終わる。結局、わずか半年でトッテナムに舞い戻ることになった。