武藤嘉紀が移籍したニューカッスルといえば、イングランドでも屈指の名門クラブだ。

ここでは、クラブを彩った名ストライカーたちを振り返ってみよう。

なお、ケヴィン・キーガンやアンディ・コールらは止む無く除き、近年の選手に限ったセレクトにした。

元イングランド代表FWアラン・シアラー(1996~2006)

元イングランド代表FWアラン・シアラー

ニューカッスルが誇る最強レジェンドであり、プレミアリーグ史上最多得点記録を持つストライカー。

あのガッザがこんなエピソードを語ったこともある。

ポール・ガスコイン

「俺がニューカッスルにいた時、彼はサウサンプトンでデビューした。(当時は)彼をよく知らなかったんだが、あの子は凄かったね。

試合後、俺は彼の肩に手を置いてこう言ったんだよ。『若いの、握手しようや。お前はいい選手になるだろう』ってね。

彼は『ガッザ、ありがとう』と言っていたよ。

あの子は(どんな形でも)得点できる。ボックス外からも、ボックス内でもね。そして、フリーキックはロケットみたいだ」

シアラーは1996年に当時世界最高額でニューカッスルへ移籍すると、1年目に得点王に輝くなど以後10シーズンに渡ってマグパイズでプレー。故郷でもあるニューカッスルにキャリアを捧げた。

引退後は降格危機にあった古巣に暫定監督として戻るも、危機的状況を救えず。現在は『BBC』で解説者を務めている。ちなみに、大のゴルフ好きで、毎年「マスターズ」を見に行っているとか。