日本代表の新指揮官に就任した森保一氏。サンフレッチェ広島時代には3バックを採用してJリーグ連覇を成し遂げたこともあり、今後はウィングバックが重要な役割を担う可能性もある。

ここでは、今後注目度が増しそうなウィングバック、サイドバックたちを取り上げる。

安西 幸輝(鹿島アントラーズ)

安西 幸輝

常勝・鹿島アントラーズで4月から左サイドバックのレギュラーを獲得している安西幸輝。

今シーズン加入したばかりの23歳だが、下部組織時代からプレーを見守ってきた古巣・東京ヴェルディのファンにとっては当然という感じかもしれない。それだけ彼が東京V時代に見せていたプレーは強烈だった。

2014年に現在J1クラブから注目されている畠中槙之輔らとともにトップへ昇格。当時からスピードに乗ったオーバーラップを持ち味としており、それを単発ではなく繰り返すことができる驚異的なスタミナの持ち主だった。

そこに、ボールを運ぶ力、さらには試合終盤でも精度が落ちないキック精度を兼ね備え、2017シーズンの東京Vではミゲル・アンヘル・ロティーナ監督のもと、“戦術”といっても過言ではないほどの存在感を発揮。チームを5位へと導いている。

サイドならDFからウィングまで、左右どちらでもプレーできる地力の高さ。森保監督にとっても気になる選手に違いない。