香川真司が所属するボルシア・ドルトムントとテクニカルスポンサーのPumaは23日、今季のアウェイキットを発表した。

デザインのベースは今季のPumaのテンプレート。全体的にはホームキットの色違いという感じで、同様にメランジ柄をあしらっている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Borussia Dortmund 2018-19 Puma Away

ボルシア・ドルトムント 2018-19 Puma アウェイ ユニフォーム

新しいアウェイキットは定番のブラックカラーで、胸上部のメランジ柄が目を引くデザイン。他のキットと異なり胸のスポンサー「evonik」のロゴはホワイトでプリント。左袖には「OPEL」のスポンサーロゴを掲出する。

ボルシア・ドルトムント 2018-19 Puma アウェイ ユニフォーム

背面の首元にはチーム名の略称“BVB”をレタリング。背面もメランジ柄とブラックに上下で分かれているが、メランジ部分にネームを、ブラック部分に背番号をそれぞれプリントする。

ボルシア・ドルトムント 2018-19 Puma アウェイ ユニフォーム

パンツはイエローで、ホームキットと共用。ブラックを基調としたソックスは右足に“19”、左足に“09”のグラフィックが入り、両方合わせてクラブ創立年となる。