今季は初めての2部を戦う、酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)。開幕戦はホルシュタイン・キールに完敗を喫したがその後は2連勝と、まずまずの出だしとなった。

その2018-19シーズンを戦うアウェイキットは7月27日にリリース。色はHSVの“栄光の時代”を象徴するレッドが使われている。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Hamburger SV 2018-19 adidas Away

ハンブルガーSV 2018-19 adidas アウェイ ユニフォーム

レッドはHSVのキットでは定番の色だが、3度のブンデスリーガ優勝シーズン(1978-79、1981-82、1982-83)は、いずれもこの色のキットを使用していた。左袖には食品メーカー「Popp Feinkost」のロゴマークを掲出する。

ハンブルガーSV 2018-19 adidas アウェイ ユニフォーム

ネームナンバーはホワイトで、ゴツゴツしたタイポグラフィが特徴的。背番号にはチームロゴが入る。

ハンブルガーSV 2018-19 adidas アウェイ ユニフォーム

パンツはホワイト、ソックスはレッドがファーストカラーだが、パンツはホーム用のレッドを着用することもある。