『Tuttosport』は30日、「インテルの会長を務めているエリック・トヒル氏は、今年末までにクラブの株式を売却する」と報じた。

インドネシアの実業家であるエリック・トヒルは、2013年にマッシモ・モラッティ前会長からインテルの株式を70%取得した。

しかし、彼は2016年にその株式の40%近くを中国企業の蘇寧グループに売却しており、すでに筆頭株主ではなくなっている。

また、先日は所有していたDCユナイテッド(アメリカ・メジャーリーグサッカー)の株式も売却しており、サッカー事業からの撤退が噂されている。

そしてインテルの残りの株式も今年中に売却する可能性が高くなっており、蘇寧グループがクラブのすべてを掌握することになりそうだという。

その場合、エリック・トヒル氏に代わる新たな会長は、現在副会長を務めている元アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティになるのではないかとのことだ。