ワールドカップで失意の敗退に終わったドイツ代表。大会後にはメスト・エジルが差別的な扱いを理由に代表からの引退を表明した。

そのエジルについて、マルコ・ロイスが語った。『Sportbuzzer』によれば、こう述べたという。

マルコ・ロイス

「(ーW杯後にエジルと連絡はとった?)

そうだね、何度かやり取りを」

「(ーあの件が起きた後のことについて意見はある?)

個人的にはメストとはずっと素晴らしい関係を築いてきた。人としての彼はとても気持ちのいい人間だ。

彼はずっと僕のことを支えてくれたし、ともにプレーしてきた選手のなかで最高のひとりだ」

ロイスは1989年生まれ、エジルは1988年生まれで同世代である。