『BBC』は29日、「ドイツ代表監督のヨアヒム・レーフは、メスト・エジルの代表引退について話した」と報じた。

先日行われたロシアW杯の終了後、突然ドイツ代表から引退することを決めたエジル。トルコ大統領エルドアン氏と写真を撮ったことでサッカー協会や政治家から批判を受け、「人種差別を感じる」と反発してのものだった。

ドイツ代表は今回新しいメンバーを発表することになったが、その中にはもちろんエジルの名前は入っていなかった。

ヨアヒム・レーフ監督は彼の決断について以下のように話し、人種差別という主張は誇張されていると説明した。

ヨアヒム・レーフ メスト・エジル
ヨアヒム・レーフ

「彼(メスト・エジル)による人種差別の主張は、誇張されている。

私がここにいる間のチームにおいては、人種差別に繋がるような兆候すらもなかった」