昨季は長谷部誠とともにアイントラハト・フランクフルトでプレーしていた元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング。

31歳になった彼はサッスオーロへと移籍し、またイタリアへと戻ってきた。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

セリエA復帰の理由には、食べ物も関係していたようだ。『Bild』によれば、こう述べたという。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

「ここにはパスタがある。とっても旨いパスタがね。

最近行ったレストランのがとても美味しかったので、厨房にまで入っていってシェフを抱きしめたほどさ。

このうまい食い物は普通じゃない、太らないように気をつけなきゃいけないよ」

「ドイツを去ったのは家族のそばにいるためたけじゃなかった。ニコ・コヴァチが去ってしまったことも理由さ。

自分がアイントラハトに行ったのは、彼のためだということは隠すまでもないことだよ。

だが、何よりもポジティブな思い出とともにチームを去りたかった」

イタリアのパスタは最高としつつ、コヴァチ監督がバイエルン・ミュンヘンへ移籍したことも退団理由だと明かした。

現在2位につけている好調サッスオーロのなかで、ボアテングは2ゴールをマーク。今週末に控える首位ユヴェントスとの大一番でも、パスタパワーで大暴れできるだろうか。