引退してからアメリカに渡り、シティ・グループのニューヨーク・シティで監督を務めていたパトリック・ヴィエラ氏。

今夏はフランス・リーグアンのニースで指揮官を務めることとなり、ジョゼップ・グアルディオラのようなパスサッカーを構築しようとしているが、ここまでは1勝1分け2敗と苦しんでいる。

マリオ・バロテッリも所属しているクラブで彼がどれだけの仕事をやってのけるのか?期待が集まっている。

フランス代表のボランチとしての「先輩」であり、ワールドカップ優勝監督にもなったディディエ・デシャンは、彼について以下のように話したという。

ディディエ・デシャン

「(ヴィエラのニース監督就任を)彼のために非常に嬉しく思う。

メッセージを送って彼と話をした。非常に難しい仕事であるが、彼はプロ意識の高い男だ…」