『Daily Mail』は15日、「MLSに新規参入するインテル・マイアミは、リオネル・メッシの獲得を計画している」と報じた。

先日ついに新しいクラブ名が発表され、2020年にアメリカ・メジャーリーグサッカーに参入することが決まったベッカムMLSチーム「インテル・マイアミ」。

あの元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムがフランチャイズを獲得したクラブは、デビューシーズンとなる2年後に向けて大きな計画を立てているようだ。

この情報を明かしたのはインテル・マイアミに近い関係者であるとのことで、「まだ正式な接触はないものの、獲得候補にメッシの名前が上がっている」とのこと。

2020-21シーズンまでバルセロナと契約を結んでいるメッシは、いつか故郷のニューウェルスでプレーしたいという意思を明らかにしている。

しかしこのところは代表チームでの問題などでややその意思が薄れているとも。もしアメリカでプレーするようなことがあれば、このところ中国に押されがちだったMLSが再び話題になるかもしれない。