今季セリエAに戻ってきたパルマ。開幕5試合を2勝1分2敗とまずまずのスタートを切った。

そのなかで存在感を放っているのがジェルヴィーニョだ。中国からイタリアに戻ってきた31歳の快足FWは仰天の独力ゴールを決めて話題になった

『Gazzetta dello Sport』によれば、彼はパルマについてこう語っていたという。

ジェルヴィーニョ(パルマFW)

「人々が僕のゴールを喜んでくれるのを見るのは最高のギフトだよ。

パルマについて?僕のことを本当に大歓迎してくれた。

多くの愛情をもらっているし、交代する時のスタンディングオベーションには感動したよ。

セリエAに戻ってくる前、パルマのファンたちは多くの苦しみを味わってきた。

このクラブを選んだのは、自分のことを大切に思ってくれていると彼らが感じさせてくれたからだ。

スポーツディレクターのダニエレ・ファッジャーノはずっと求愛してくれた。僕が美しい女性ではなかったとしてもね」

「パルマでいい感じだし、このクラブをふさわしい場所に戻したい。欧州トップにね。

とはいえ、僕らはまずはセリエA残留を考えているよ」

パルマはミッドウィークに強豪ナポリと対戦する。