プロ野球は26日、広島東洋カープが球団史上初のセ・リーグ3連覇を達成した。

そのカープは41歳のチーム最年長、新井貴浩が今シーズン限りでの現役引退を表明しているが、後輩やファンから「新井さん」と慕われた彼の背にはいつも「25」があった。

サッカー界においても、チェルシーのレジェンドとなったジャンフランコ・ゾラや、セルティック時代にMVPを獲得しグラスゴーのアイドルとなった中村俊輔など、背番号25の選手がファンやサポーターに愛された好例が存在する。

ここでは、背番号25が代名詞ともなっている、サポーターから愛される国内外の現役選手5人を紹介しよう。

菅井直樹(ベガルタ仙台)

菅井直樹

Jリーグで背番号25といえば、まずはこの選手を挙げない訳にはいかないだろう。

2003年のプロ入りからベガルタ一筋、背番号も16年間にわたって25番を付け続けているチーム最古参の菅井直樹だ。

MF登録だが、メインのポジションは右サイドバック。一般的に、攻撃的なサイドバックといえばクロスやチャンスメークが売りだが、彼の最大の魅力は得点力である。

2011年のJ1リーグでは、7ゴールというサイドバックの域を超えた決定力で攻守両面に渡ってチームに貢献。東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台に希望をもたらす存在となった。