リーガ第7節、マドリッド・ダービーがサンティアゴ・ベルナベウで行われた。

この一戦に先発したアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンはスパイクがこんなことに…。

アントワーヌ・グリーズマン

むむっ!

これはPumaのスパイク『Future 2.1 アップライジングパック』にオリジナルのデコレーションを施した特注品。なかなか凝っているので、拡大して見てみよう!

アントワーヌ・グリーズマン

両足にお馴染みのゴールセレブレーションのポーズをとるグリーズマンの姿が描かれている。そして、左足にはアトレティコのエンブレム、右足にはフランス国旗。

アントワーヌ・グリーズマン

それぞれのユニフォームを着ているほか、左足ではUEFAヨーロッパリーグのトロフィー、右足ではW杯トロフィーを手に抱えている。

グリーズマン

MIAという文字もあるが、これは娘さんの名前だ。かなり手間がかかっていそう!

グリーズマンがフル出場した試合は0-0のスコアレスドローで終了。ディエゴ・シメオネ監督は、ハンドが見逃されたシーンでVARが使われなかったことを嘆いていた。