今夏、バルセロナへの移籍が噂されながらもアトレティコ・マドリーに残留したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。

昨季終盤にはアトレティたちとうまくいっていないようなシーンもあったが、その時に心の支えになったものとは。『AS』のインタビューでこう述べた。

アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリーFW)

「(ー混乱の中にいたあなたを支えた選手はフェルナンド・トーレスだった。スタンドの一部があなたにブーイングした時、彼はあなたに何と伝えた?)

フェルナンドからは落ち着くよう言われた。ファンたちから深く愛されていることを疑う必要はないと。

彼は僕が感謝するようなアドバイスを何度もくれたよ」

トーレスからチームの象徴を引き継ぐ形になったグリーズマン。今季はまだまだ得点が少ないが、ここから爆発となるだろうか。

本日開幕するUEFAチャンピオンズリーグでアトレティコは敵地でモナコと対戦する。