今季、ローマからリヴァプールに移籍したブラジル代表GKアリソン。

彼が『La Gazzetta dello Sport』のインタビューで、他のGKたちについて語っていた。

アリソン

「僕の反応は生まれながらの才能だよ。

DNAさ、両親に感謝しなきゃね。でも、努力なしじゃ才能は十分じゃない。

自分はタファレル、ジュリオ・セーザル、ジダに似ていると思う。彼らは偉大なる3人のGKだ。

ジュリオは強さとスピード、タファレルは冷静さと信頼性、そしてジダは非常にうまくゴールを守った。

僕は彼ら3人からそれぞれの良さを盗もうとしているよ」

「子供のころからジジ(ブッフォン)を追っていたんだ。彼はお手本だし、素晴らしい人間だよ。

(ヴォイツェフ・)シュチェスニはとてもよくやっているよね。ジジの代わりになるのは簡単なことじゃないけど、彼は成功してしるよ」

「自分が世界最高のGKかって?

テア・シュテーゲン、オブラク、デ・ヘアと並んでいるよ。

でも立ち止まっていると、他の選手に追い抜かれるだろう。

(最高のGK)ランキングは試合ごとに入れ替わる。成長して、セーブしなければいけない。常にね」