オランダ代表でキャプテンを務めるリヴァプールDFフィルヒル・ファン・ダイク。

彼は先日のドイツ戦で負傷したことで代表を離脱してクラブに戻ることになった。

そうした中、ロナルト・クーマン監督が驚きの事実を明かしたようだ。『NOS』によれば、こう明かしたという。

ロナルト・クーマン(オランダ代表監督)

「この数週間、フィルヒルは肋骨が2本折れたままでプレーしている。

リヴァプールは彼を留めたがったが、フィルヒルがドイツ戦でプレーすることを望んだ」

ドイツ戦で怪我をしたわけではなく、すでに数週間前から肋骨を骨折していたそう。

今週末からはリーグ戦とCLの戦いが再開するが、果たして…。