先日、チェルシーとリヴァプールはリーグカップとプレミアリーグで2連戦を戦った。結果は、チェルシーの1勝1分。

そうした中、ブルーズのエースであるエデン・アザールが『SPORTbible』のインタビューに答えた。

最も手強いDFとして、代表の同僚であるヴァンサン・コンパニの名前を挙げつつ、あの人のことも…。

エデン・アザール(チェルシーMF)

「コンパニはトップにいるし、世界最高のひとりだよ。彼は怪我が多いけど、トッププレイヤーさ」

「昨年以降のフィルヒル・ファン・ダイクは世界最高のひとりだね、確かだよ。

先週土曜日に彼と対戦したけど、世界最高のひとりだと言える。それに、まだ若いしね」
フィルヒル・ファン・ダイク

実際に対峙してリヴァプールDFファン・ダイクは最高にやりづらい相手と感じたようだ。ちなみに、2人は同じ1991年生まれの27歳である。