『Gazzetta dello Sport』は18日、「ミランのFWゴンサロ・イグアインは、ユヴェントスから追い出されてしまったと明かした」と報じた。

今夏のマーケットでユヴェントスからミランにローン移籍したイグアイン。手数料は1800万ユーロで、買取義務は3600万ユーロとなっている。

彼はその移籍について以下のように話し、クリスティアーノ・ロナウドの獲得のためにチームから追い出されてしまったと明かしたという。

ゴンサロ・イグアイン

「コッパ・イタリア決勝の日から、何かが壊れてしまったという気がする。そして、彼ら(ユヴェントス)はクリスティアーノ・ロナウドを獲得した。

退団するという決断は僕がしたものじゃないよ。僕はユヴェントスにすべてを与えてきたし、多くのトロフィーも勝ち取ってきた。

クリスティアーノ・ロナウドが加入した。クラブがさらなるクオリティを求めていた。そして、ユヴェントスは僕に『君をキープできない』と言った。

そして、僕は何らかの解決策を見出そうと試みたよ。最善のものが、ミランへの移籍だった」

(ユヴェントス戦はリベンジ?)

「いいや、全然そんなことはないよ。ユヴェントスには愛情しかない。本当に良くしてくれたんだ。チームメイトもファンもそうだった。

ただ、退団を求めたことは一度もなかった。基本的には、彼らが僕を追い出したという形だった。

ミランはすぐに愛情を見せてくれたし、確信を持てたよ」