『L'Equipe』など各メディアは25日、「オーマル・アブドゥルラフマンはバルセロナで膝の手術を受ける」と報じた。

オーマル・アブドゥルラフマンは1991年生まれの27歳。アフロヘアーの天才司令塔として知られており、UAE代表を牽引してきたスター選手である。

彼は今季アル・アインからサウジアラビアのアル・ヒラルへとローン移籍していたが、土曜日に行われたアル・シャバブ戦で膝を負傷する。

軽度ならばアジアカップに出場できるとも伝えられたが、結局前十字靭帯をかなり損傷しており、バルセロナで手術を受けることになった。

もちろんアジアカップで使うことは不可能であり、復帰は来シーズンにずれ込む可能性が高いと考えられている。

UAE代表はアルベルト・ザッケローニ氏に率いられているが、今年に入ってからわずか1勝しかできておらず、不調が続いている。その中でのオーマルの怪我は痛すぎる出来事だ。