『BBC』は25日、「トーゴ代表のクロード・ルロワ監督は、エマニュエル・アデバヨールの招集辞退を認めた」と報じた。

現在アフリカネーションズカップの予選を戦っているトーゴ。11月にはホームでガンビアとの試合を迎える予定だ。

しかしその試合に向けて、トーゴのエースストライカーであるエマニュエル・アデバヨールは出場を拒否している。

その理由は、試合が行われるロメ(トーゴの首都)の会場に敷設されているピッチがあまりにも悪すぎてプレーできないというものだ。

そして、しかも監督を務めているクロード・ルロワもその決断を理解するほどだという。

クロード・ルロワ

「アデバヨールは長い脚を持っていて、ロメの芝に苦しんでいるんだ。前はプレーしなかったが、我々とともにそこにいた。

次の予選でアルジェリア戦があるが、そこでも彼は悩まされるかもしれない。歪んだ鉄板のようだよ。

練習するだけで腱炎や関節炎を発症してしまう。彼は35歳で、もはや若くはない。あんな設備では彼を物理的なレベルで完全に破壊してしまうよ。怪我を抱えている選手にプレーを強制できない。

アフリカサッカー連盟とFIFAがジャガイモ畑で試合をさせる限りは、アフリカのサッカーが世界で苦戦するのはしょうがないね。

残念ながら、我々がプレーするピッチよりも、会長らが座るVIP席の質のほうが心配されているようだけどね」