今年9月、タクシー運転手を殴って顎を骨折させた疑いで逮捕されたニクラス・ベントナー。『TV2』などによれば、彼に対する判決が下されたようだ。

検察側は禁固3か月を求めていた一方、ベントナー側は正当防衛を主張。そうした中、下された判決は禁固50日というもの。

ただ、即日控訴が決まり、今後は上級審で争われることなるようだ。

なお、検察は31歳のドライバーについても暴力行為で告訴していたが、こちらは棄却された模様。