南米最強クラブを決めるコパ・リベルタドーレス決勝で実現したスーペル・クラシコ。ボカvsリーベルの宿敵バトルは大きな注目を集めている。

両者はライバル関係にあるが、これまで70人以上の選手が両チームでプレーしたことがあるという。そのなかの一部を紹介する。

ガブリエル・バティストゥータ(元アルゼンチン代表FW)

ガブリエル・バティストゥータ

リーベル(1989-1990)ボカ(1990-91)

アルゼンチンを代表する本格派&正統派ストライカー。

エリア内では無類の決定力、長距離からでもゴールを陥れる破壊的シュートとフリーキックでDFたちを震え上がらせた。

そんなバティはニューウェルスでデビュー後、リーベルへ移籍。だが、パサレラのもとでプレータイムが減ると、ボカへと直接移籍した。

両チームに所属した期間は長くないが、どちらからも敬意を払われる類稀な選手だそう。