プレミアリーグでいまだ無敗を続けるマンチェスター・シティ、リヴァプール、チェルシー。

そうした中、リヴァプールはシティの重要人物を引き抜いたと、『Liverpool Echo』が伝えている。

彼の名前は、リー・ノーブス。2007年から11年間に渡ってシティに在籍してきたフィジコで、高い評価を受けている人物だ。

lee nobes

リヴァプールは2009年からクラブに在籍してきたフィジコのマット・コノピンスキがFA(イングランドサッカー協会)に加わるために先月退団。

そのため後任を探しており、ノーブスは完璧な候補者と目されていたとのこと。この引き抜き劇は「クーデター/政変」とも伝えられている。