13日に今季限りでの現役引退を表明したジョー・コール。

ウェストハム・ユナイテッドのアカデミー出身のコールは、1998-99シーズンにトップチームへ昇格。その後はチェルシー、リヴァプールなどを経て、最後はアメリカ2部タンパベイ・ロウディーズでスパイクを脱いだ。

ここでは、コールのこれまでの足跡を、印象的な12のユニフォーム姿で振り返ってみよう。

West Ham United 1999-2001 Fila Home

ジョー・コール 歴代 ユニフォーム ウェストハム

プレミアリーグでの2シーズン目を迎えた99-00シーズン。2000年2月のブラッドフォード・シティ戦で、プレミアリーグ初ゴールを決めている。背番号は両シーズンとも26番。

ユニフォームは、このシーズンからFilaのキットを着用。当時のウェストハムのユニフォームと言えば、靴ブランド「Dr.Martens」のスポンサーロゴが人気だった。

West Ham United 2001-03 Fila Home

ジョー・コール 歴代 ユニフォーム ウェストハム

この頃になると完全に主力に定着し、キャプテンも務めた。しかし02-03シーズンは18位で終了し、クラブは降格が決定。コールはチェルシーへ移籍となる。背番号は両シーズンとも26番。

コールがクラブを去ると同時に、Filaとの契約が終了。そして「Dr.Martens」との関係も02-03シーズンを最後に終わりを告げる。