熱戦が続く平昌五輪。選手が着ているウェアやユニフォームを見ていると、サッカーでもおなじみのスポーツブランドを見かける。

例えばイギリスやドイツはadidasが、スペインではJomaが公式ウェア担当。日本選手団の公式ウェアはAsicsが担当している。また競技別でもNike、Kappa、Under Armourなどを見かける(Pumaは見ないような…)。

そしてサッカー好きにはちょっと懐かしさを覚えるブランド、Filaもよく目にする。

スピードスケート女子1000Mのメダルセレモニーで小平奈緒、高木美帆の両選手に挟まれているヨリン・テルモルス。彼女が着ているオランダ選手団の公式ウェアはFilaが担当している。またいくつかの競技でもFilaのウェア(ユニフォーム)を見かける。

平昌五輪スピードスケート女子1000mメダルセレモニー ヨリン・テルモルス 小平奈緒 高木美帆

Filaはイタリアで誕生し「イタリアのスポーツアパレル・ブランド」として名を馳せたが、現在は韓国の企業が経営権を取得している。

サッカーにおいても、欧米では1990年代後半から2004年頃までFilaのウェアを使うチームが多数存在した。2003年にイタリア人経営者からアメリカのヘッジファンドへ売却されているが、Filaのユニフォームを見かけなくなったのは丁度この頃からだ。

それでも一時期はサッカー関連が復活し、2010年あたりから数年ほど主にイングランドの2部、3部のチームをサプライしていたが、それらも今では契約終了。現在ではサプライしているチームはほとんど無く、恐らくはマレーシア1部のパハンくらいと思われる。

そこで今回は、Filaがまだ純然たるイタリア企業だった頃の懐かしいユニフォームを振り返ってみたい。フィオレンティーナやウェストハムといったメジャーどころから、ちょっとマイナーなクラブ、そしてディエゴ・マラドーナ関連のキットまで集めてみた。

フィオレンティーナ 使用期間:1997-2000

ユニフォーム:1997-98 Home

フィオレンティーナ 1997-98 Fila ユニフォーム

サッカーにおけるFilaのユニフォームといえば、このフィオレンティーナを真っ先に思い浮かべる方も多いだろう。当時はバティストゥータやルイ・コスタらスター選手を擁し、セリエA「7大クラブ」の一角に数えられていた。

ユニフォーム:1997-98 Away

フィオレンティーナ 1997-98 Fila ユニフォーム

ユニフォームはホーム、アウェイ共通でシャドーのピンストライプに、エンブレムのユリを透かしプリント。胸スポンサーはこのシーズンから“NINTENDO”(任天堂)が務めた。