イタリア代表に初招集されて話題になっているサンドロ・トナーリ。

彼はブレッシャに所属する18歳のMFで、まだセリエAではプレーしたことすらないが、NEXTピルロとして期待される逸材だ。

偉大なる先輩同様にアタッカーからレジスタにコンバートされるなど似た要素が多いとされているが、本人は否定的な見方をしているようだ。『Sky Sport』のインタビューでこう述べたという。

サンドロ・トナーリ

「自分がピルロに似ているかって?個人的には、Noだね。

自分は常に別の選手からインスパイアされてきた。ガットゥーゾさ。彼の狡猾さやピッチ上でのパフォーマンスにね。

フィジカル的な特性で僕とピルロが比較されているけれど、自分ではあまりそうは思わない。

比較されることは嬉しいけど、自分ではそうは思っていないんだ。

次(に着るチーム)のユニフォームについて?それについてはまだ考えたことはないね。

どこのファンか?ずっとミランを応援しているよ」

ミランファンであることを明かしたトナーリ。そして、狂犬ジェンナーロ・ガットゥーゾに影響されてきたとも。

ガットゥーゾとピルロ

確かに、ガットゥーゾとピルロでは全く違う…。