オーストラリアサッカー協会は、今回の代表戦でデビューを飾ると考えられているMFジェームズ・ジェゴのインタビューを掲載した。

ジェームズ・アレクサンダー・ジェゴは1992年生まれの26歳。弟のリュクとともにオーストリアで生まれ、少年時代にオーストラリアに移住したという経歴がある。

ヴィクトリア州スポーツ研究所とメルボルン・ヴィクトリーの下部組織で育成され、オーストラリアでデビュー。2016年に生まれ故郷のオーストリアに渡り、シュトゥルム・グラーツへと移籍した。

今季は同じオーストリアのオーストリア・ウィーンに加入しており、レギュラーとして起用されている。今やオーストリアリーグでも屈指のボランチに成長し、今回の試合でオーストラリア代表でのデビューも果たすことが予想されている。

オーストラリアを離れたのはどうしてか?オーストリアはどうなのか?ジェゴは以下のように話し、オーストリアはいい第一歩になったと語った。

ジェームズ・ジェゴ

「僕はオーストリアで生まれ、人生の最初の10年をそこで過ごしていた。それからオーストラリアへ渡った。

そして、3年前にオーストリアリーグへと行った。そうなったのは面白い出来事だね。

『ああ、オーストリアリーグに行きたい!』というものではなかった。目的はヨーロッパに行くことだったけど、自分のためにはいい第一歩だったね。

オーストリアはいい足がかりになったし、間違いなく愛しているよ。少し言葉がわかることも助けになった。もう3年いるけど、とても楽しめている」