欧州各地で行われたUEFAネーションズリーグ第5節。リーグBのスウェーデンは敵地でトルコを0-1で下した。

決勝点は後半にDFアンドレアス・グランクヴィストが沈めたPK。だが、そのPKを得たスウェーデン代表FWマルクス・ベリが驚きの発言をした。

彼はUAEのアル・アインで塩谷司とともにプレーする32歳のストライカーだ。

『aftonbladet』によれば、ルーマニア人の主審からPKをあげると約束されたと明かしたという。

ベリは前半にもボックス内でPKになるか際どい場面があったようで、ハーフタイムにそのことを話した際に主審からこう言われたようだ。

マルクス・ベリ(スウェーデン代表FW)

「ハーフタイムに審判と話して、こう言われた。

『(前半のが?)PKだったなら、後半にPKを2つあげるよ』って。

そして、僕らはそのひとつを得た。勝ったのでよかったよ」

「(主審との会話がPKゲットにつながった?)

分からない。後半のも明らかにPKだったと思う。

僕らは2つのうち1つを得たけど、2本だったかもね」

冗談だったのかもしれないが、主審がどういったトーンで話していたのか気になるところ…。ただ、後半に与えられたPKについては、トルコ側もさほど抗議しておらず、露骨なジャッジではなかった。

なお、UAEではゴールを量産しているベリだが、代表では1年以上得点がない。そのために国内では批判を浴びているというが、本人は「チームが勝っている限りには気にしない」と述べていたそう。

そして、自分でPKを蹴りたかったのでは?という問いにはこう答えた。

マルクス・ベリ(スウェーデン代表FW)

「僕は今日のキッカーのリストに載っていなかったんだ。

“Granen(グランクヴィスト)”がファーストキッカーだし、彼は非常にうまく決めたよ。

クラブでは僕がPKキッカーだけど、ここでは彼だから、彼が蹴ったのさ」